結婚内祝いのお返し!贈って喜ばれたギフトをご紹介

内祝いのプレゼント

結婚をしたら、色々な方から結婚のお祝いをいただきます。そしてお祝いをいただいたからには、必ずお返しとして内祝いをしなければなりません。

しかし、結婚内祝いには、何をしていいのかわからず、悩むケースも多いですよね。今回は、内祝いに悩んだ時に役立つ、贈って喜ばれたギフトをご紹介いたしましょう。

そもそも結婚内祝いって何?

本来は結婚を喜びをお裾分けすること

結婚内祝いは、結婚をした二人がいただくものではなく、感謝を伝える相手に贈るものです。そして、本来の意味としては、結婚をしたという喜びを心を込めて、物に代えてお裾分けする風習でした。

以前は、結婚が地域単位での慶事だったと言えます。そのため、結婚をした二人や両家から親戚だけではなく、近所のお世話になっている人にも祝いの品を贈ることがめずらしくありませんでした。これが内祝の原点になります。

ですので、本来の内祝は、お祝いをいただいていない方にも贈るものだったと言うことです。

現在ではお返しの意味が一般的に

かえって、現代での内祝とは、お祝いをいただいた方へのお礼の意味が強くなっています。特に、結婚式や披露宴に来られなかった方からいただいたお祝いへのお返しのことを、内祝いと呼ぶことが多いようです。(結婚式・披露宴では、引き出物がお返しの品となるため。)

このように、現在では結婚に関するお祝いのお返しという意味が、内祝の意味として一般的になっています。

ただ、現在の内祝の意味であったとしても、本来の内祝と同じく、心を込めて、素敵なギフトを選んで相手方へ贈ることには変わりありません

結婚内祝いの相場とマナー

相場は3割から半額が目安

いざ内祝いのギフトを選ぼうとしたときに、最初の難関になるのがその値段です。高い方が良いのか、安すぎると失礼だと思われてしまうのかなど、色々な思考が頭をめぐってしまい決め兼ねられなくなります。

それでは、実際のところ内祝いの相場はどれくらいの値段なのでしょうか。一概にはこうだと言えませんが、一般的には、いただいたお祝いの額の3割から半額程度の品を返すことが理想とされています。

いただいたお祝いよりも高いギフト、又は3割以下の値の安いギフトになってしまうと、失礼になります。よく注意しておきましょう。

気をつけるべき内祝いのマナー

内祝いとして贈るギフトの相場がわかれば、次にギフトを選んで贈っていきましょう。しかし、ここで気をつけなければならないのが、内祝いにはいくつかのマナーがあるという点です。今回は三つ、ご紹介します

よく失敗しがちなマナーの一つ目として、贈る時期が遅くなることです。内祝いは挙式の一ヶ月以内、もしくはお祝いをいただいてから一ヶ月以内に贈るものだとされています。

次に、熨斗や包装をしたものを贈るようにしましょう。熨斗や包装は欠かさないことが大切です。三つ目は、ギフト内容の個数を偶数にしないことです。結婚は切れることが縁起が悪いとされています。ですので、ギフトの内容も奇数になるようにしてください。

私が贈って喜ばれた内祝いのギフト

カタログギフト

内祝いに限らず、お祝いのお返しには定番となったカタログギフト。結婚の内祝いとして贈った人には、とても喜ばれました。

カタログギフトの利点は、贈り先の方に自由な商品を選んでもらえるという点です。そのため、あまり嗜好品を知らないような、少し距離のある関係の方などには適したギフトになっていたと思います。

また、カタログの値段も幾通りかあるので、いただいたお祝いの金額の大小にも合わせられるのも良い点です。

牛肉ギフト

とても喜ばれたお祝いの一つとして、牛肉ギフトが挙げられます。

牛肉は、すき焼き用のお肉であったり、ステーキであったりと様々なタイプがあります。それを贈り先の方の好みに合わせるように選んでいきました。牛肉は多くの人が好きな食べ物ですので、贈った相手からはかなり喜ばれます。

それに、牛肉の霜降りの色合いが、結婚の紅白を表現しているようにも見えます。その点も、結婚内祝いとして縁起が良いですよね。

「牛肉ギフトもいろいろあって、どれがいいかわからない」そんな方には、こちらの内祝いのお肉の選び方が参考になりますよ。

クッキーの詰め合わせ

今の時代の結婚内祝いとしては、スイーツが好まれる傾向にもあります。甘いお菓子は多くの人の心を惹きつけるからです。

そして、特に私がスイーツ系で喜ばれたのが、クッキーの詰め合わせでした。色々なアソートがあるクッキーは、万人に好まれます。ですので、食べ物の中でもスイーツが良いと思う方には、クッキーを贈ると良いでしょう。

まとめ

結婚内祝いのお返しは、いくつか気をつかわなければならない点があります。そこを注意し、相手様に喜ばれる、心のこもった内祝いのギフトを贈るようにしてくださいね。