出産祝いで喜ばれるプレゼントの選び方

Pocket

出産祝いの靴

出産は、家族が増えるというとても喜ばしいイベントです。その喜びの気持ちを伝える上で、出産祝いはとても良い方法になります。ですが、出産祝いのプレゼントは、どのようにして選べば良いか分からないことがあります。

今回は出産祝いで喜ばれるプレゼントの選び方について、様々な観点からご紹介させていただきます。

出産祝いの相場はどれくらい?

相手との親密さによって相場は変わる

出産祝いにはどれくらいのお金をかければ良いのか、いまいち理解しづらい部分があります。そのため、一般的な相場を知ることは、とても重要な情報になります。そして、この出産祝いの相場は、相手の方との親密さによって変わってくるのが特徴です。

例えば親族同士の場合は、1万円から3万円という少し高い金額になります。付き合いの長い友人の場合、1万円前後ですが、浅い付き合いの友人や仕事関係の知人の場合は5000円から1万円の範囲が一般的な相場になります。
このように、相手の関係性によって出産祝いは変化してきます。自分と相手の関係がどれくらいであるのかを意識して、金額を考えてみてください。

連盟で贈る場合の相場について

会社などの同僚が出産をした場合、個人でのお祝いだけではなく、部署一同や有志一同という形でお祝いの品を贈ることがあります。そのような場合、個人でお祝いをするよりも一人あたりの金額は少な目になります。

例えば、10人連盟での出産祝いをする場合、一人当たりの金額を3000円程度に設定すれば、3万円のプレゼントを贈ることができます。一人当たりの金額が少なくても、それが何人にも重なるので、比較的高いプレゼントを購入することが可能です。

上記では、30000円の品を例として出しましたが、一般的な連盟での出産祝いの相場は1万円から5万円程度になります。グループの人数や相手の方との関係性によって、この相場を参考にして金額を決めてください。

贈ると喜ばれるプレゼントの選び方

赤ちゃんに関連するものを贈る

出産祝いとして贈るプレゼントには、どのようなものを選べば良いのでしょうか。その一番の案としては、赤ちゃんに関連する品物をプレゼントすることが挙げられます。

出産をすると、どうしても赤ちゃんが中心の生活になります。そのような時に、赤ちゃんに関連する品物を貰えると、とても嬉しいとか助かったという気分になります。

ベビー服や、可愛いよだれかけなど、赤ちゃんへのプレゼントを選ぶと喜ばれること間違いありません

お母さんへのプレゼントもアリ

出産祝いと言うと、上記で紹介したように赤ちゃんに関連したプレゼントのみだと思われるかもしれません。そのため、赤ちゃん向けのプレゼントしか買ってはいけないという先入観も持ってしまいがちです。ですが、赤ちゃんではなく、出産をしたお母さんへのプレゼントもアリでしょう。

赤ちゃんが生まれてお母さんになる女性は、子育てが大変になります。そのため、ママとして使えるものを贈ってあげるのも喜ばれます。また、出産を無事に終えた労いの意味でも、お母さんへのプレゼントは良いでしょう。

それにお母さんだけではなく、お父さんとお母さん二人が使えるものも良いです。赤ちゃんだけではなく、その両親などに向けてプレゼントを選べば、意外と喜んでくれることが多いですよ。

出産祝いのプレゼントでオススメの品

消耗するベビー用品

赤ちゃんが生まれると、ミルクやオムツなど、様々な消耗品が必要になってきます。これは必ず使用するものですから、お母さんお父さんはベビー用品の確保に奔走しなければなりません。そんな時に、消耗するベビー用品をプレゼントとして貰えたら、とても嬉しい気持ちになります。

しかし、消耗品の場合、家庭によって特定の使用する商品を決めている可能性があります。このようなプレゼントを贈る前には、どのような消耗品が欲しいか聞いておくことも大切です。

赤ちゃん用のおもちゃ

赤ちゃんの発達段階において、おもちゃの存在は大きいです。試行錯誤しながら遊ぶことは、赤ちゃんの暇を潰すだけではなく、発育を助けることになります。

ですが、赤ちゃん用のおもちゃは単純でありながらも、比較的高い値段のものが多いです。そのため、赤ちゃん用のおもちゃを貰えると、お父さんお母さんはとても助かります。

欲しいけど買えないと思っているようなおもちゃだと、特に喜ばれる傾向にあります。プレゼントの候補として考えて見る価値はとても高いでしょう。

その他のお祝い関連の記事はこちら → 男友達への結婚祝い!喜ばれるプレゼントの選び方

まとめ

出産祝いの相場や、選び方、オススメのプレゼントについて紹介させていただきました。参考にしていただき、相手の方や赤ちゃんに喜ばれる出産祝いを贈ってあげてください。

Pocket