意外と知らない熨斗・水引のマナー

水引き

お祝い事、もしくは弔事で誰かにお金や品物を渡す時には、その封筒や包みに熨斗・水引をつけることが礼儀とされています。

今回は、意外と知らない熨斗と水引のマナーについて紹介していきたいと思います。

熨斗紙には種類がある

結婚や法要などの用途で使い分ける

贈り物には、必ずと言っていいほど熨斗紙をつける風習があります。さて、この熨斗紙には種類があるのをご存知でしょうか。もしも知らないという場合、本来の用途とは違った熨斗紙を使ってしまう可能性があります。ですので、注意しておきましょう。

その熨斗紙の種類については、大まかに慶事と弔事で使い分けるものが存在しています。慶事というのは結婚や出産、新築などの喜ばしい出来事が関連するものであり、弔事は誰かがお亡くなりになるなどの悲しい出来事や法要などが関連することです。

慶事に弔事の熨斗を使ったり、その逆をしてしまうことが無いように心がけましょう。

用途に合わせて使うべき熨斗紙は細かく変わるので注意を

前項では、熨斗の種類が慶事と弔事で大きく二つに分かれるとご紹介しました。しかし、熨斗紙の種類はこの二つだけではありません。慶事や弔事でも、用途によっては細かく使い分けられるので、その点についても意識しておく必要があります。
例えば結婚と出産では、同じ紅白の熨斗を使いますが、水引の形が違います。

また、弔事の場合でも地方によっては白黒だけではなく、白と黄色の水引の熨斗を使うなどの差があります。

熨斗紙の使い方を間違えないためにも、結婚が関係する贈り物にはどの熨斗紙が良いのかなど、その都度確認をしておくと失敗しません。

水引の色や本数が表す意味について

水引の色の意味について

水引の色は、慶事のものであれば赤と白であり、弔事のものならば黒と白(場合によっては黄色と白)となっています。この水引の色には、実は歴とした意味があります。

赤と白の水引については、主に祝い事を表す時に使われています。一般的に紅白の水引とも表現されますが、厳密には紅白の水引は皇室が関係するもののみに使われるため、一般人である私たちの水引は赤白です。

そして法要などで用いられる水引については、黒が誰かが亡くなるなどの喪に服す色として認識されています。ですので、法要には黒と白や黒と銀の水引が用いられる傾向にあります。関西などでは黄と白の水引が用いられることもありますが、これは黄が黒の次に格上の色だからです。

水引の本数にも意味がある

水引は、一見すると同じように見えるかもしれません。しかし、じっくりと見比べてみると、その本数に違いがあることがわかります。そして、この水引の本数にも、実は大きな意味があるのです。

用いられる水引の本数は、5本や7本が多く、3本や10本のものもあります。主に水引の本数が奇数なのは、割り切れない数である奇数が縁起の良いものだという習わしからです。また、10本の水引については、5本の水引が二重に結ばれているという意味を持ちます。

本数が多くなるほど、格式も上がります。ですので、贈り物をする際には、水引の本数にも注目してみるのも大切です。

熨斗紙の書き方の注意点

表書きは間違えないように

熨斗紙には、お祝いなどを贈る目的を記入しなければなりません。例えば「結婚内祝」であるとか「御礼」などです。これを表書きと言います。表書きは、間違ってしまうと相手に失礼となるケースもあります。ですので、間違えないようにしましょう。

例えば、結婚内祝であるのに、御礼とか御返しなどの表書きをしてしまうと、人によっては不快に思われてしまうなどです。

また、書き方として、表書きが水引にかかってしまうのもマナー違反とされています。たかが表書きと言えども、その一つに色々なマナーや決まりが詰まっています。それを忘れないようにして、間違えない心がけが大切です。

水引下への名前の書き方について

水引の下には、名前を書くスペースがあります。ここに名前を書く際にも、適切な書き方があります。

まず、よく間違えてしまいがちなのが、贈る先の相手方の名前を書いてしまうというものです。郵便物などであれば、送り先を記入しますが、熨斗紙の場合はそこに贈り主である自分の名前を書くようにしましょう。

また、夫婦や有志など、連盟で贈り物をする際には連盟という形で名前を記入しなければなりません。夫婦での連盟の場合は、男性が右・女性が左という決まりがあります。連盟であれば、目上の方を一番右に書き、左に他の方の名前を書いていきましょう。

その他のお祝い関連の記事はこちら → 気持ちが伝わるメッセージカードの文例集

まとめ

熨斗紙や水引には、今回ご紹介したような細かな意味合いやルールが存在しています。

これらのルールを知らないと、失礼に当たることにもなります。しっかりとチェックして間違いの無い熨斗の使い方をしてくださいね。